​国産材 特に土佐材をお勧めします!

​◆日本の林業の問題をご存知ですか?

日本の森林は、外国の安価な材を使用することにより、木を伐採する習慣が失われ、山が荒れてます。その結果、洪水や土砂崩れが起きやすくなりました。高度経済成長の時代に植えた木が育ち、伐採どき=良い木材が豊富にある現在、これを使わない手はありません。集成材使用も多くある現在、JAS材を使用すれば、集成材を使わなくても良い場合もあります。

​日本の環境問題に貢献してみませんか!?

​◆日本は森林率が高い!高知県は80% 関東地方は軒並み30%

日本は全体的に森林率が高いが、県によってばらばら。関東地方は、30%程度と少いです。これは、山間部のみしかなく、平地は全て人口密集地だからです。大阪・名古屋も同じ傾向です。しかし、都市部以外は60%が多く、特に高知県は80%と非常に多く、人工林も65%と大変多いのが特徴です。多い=良い材の採れる率も高い という事になります。

​◆厳しい環境が土佐材を育てた。

高知県は台風による強風が多く、山間部では 意外ですが、雪も多いそうです。過酷な気象条件で、木は鍛えられ、強い曲げ・圧縮・引張強度が備わります。

​他の地域とは違う木材性能が土佐材にはあります。

​樹齢も高く、年輪も密です。それは強度が高い証拠でもあります。

​◆秀吉も「日本一」と言った。

​天下人 豊臣秀吉の大阪城普請にも土佐材が使用されました。特に良い材料だと認められ、大阪城の主要な構造材として使用されました。その後、

​◆プレカット工場より直送!

​流通・コスト面においても、遠方と思われ、敬遠しがちの土佐材ですが、現地プレカット工場直送で、運送会社ともタイアップしており、余分なコストがかからず、流通面においても問題ありません。

​四万十桧・魚梁瀬杉を関東地方でも使用できるのです!

土佐材 | 木造住宅  構造設計 耐震等級3 省エネ 内呂建築設計事務所 | 日本

© 2016 Uchiro Architect Office  

千葉県柏市花野井217-14 内呂建築設計事務所
​04-7128-6350

  • Facebook Black Round