K邸

そとん壁の外装の家
そとん壁の外装の家
そとん壁の外装の家
中霧島壁の内装
中霧島壁の内装
中霧島壁の内装
中霧島壁の内装

茨城県つくばみらい市 延べ面積 36坪 木造2階建て

 

特徴:外装は中霧島壁。鹿児島の桜島の火山灰から作られた”モルタル塗り”の外壁だ。

モルタルと言えば、吹き付け塗装仕上の下地だが、これは、いわゆる下地が仕上げになっている。なので、塗装することはなく、ノーメンテナンスをうたっている。

特有の陰影感が外装の表情を与える。

内部LDKと吹抜け部にも、中霧島壁の塗り壁で仕上げている。調湿と消臭を兼ねている。

工務店の都合から、抗酸化工法を採用。壁の下地等に抗酸化の塗り薬を塗っている。これによる室内環境向上を図っている。

2階の共用部からは、小屋裏への階段があり、急ではあるが、特徴的な意匠となっている。
​耐震等級や省エネについては 性能評価を受けていないが、断熱材には拘って当時は作った。