H 集会所

地域集会所
トラスを使った大空間
自然塗料を使った造作家具
手作り和紙の和室
手作り和紙の和室
手作り和紙の広間
手作り和紙の広間

和紙壁ワークショップ

和紙ワークショップ
和紙ワークショップ
調湿建材を使用した集会室
調湿建材を使用した集会室
和紙ワークショップ
和紙ワークショップ
調湿建材を使用した集会室
調湿建材を使用した集会室

茨城県利根町 延べ面積 48坪 木造平屋建て

 

特徴:

建物は、漆喰仕上。断熱材は耐火かつ調湿機能のある建材バウビオを使用。広い集会所の屋根は、木製トラスで構成。集会室は、調湿消臭建材を使用し、快適性を追求。集会室以外の居室 和室・洋室には、バウビオを下地として、「和紙」を使用している。バウビオは調湿性を失わせないために、空気の透過性のあるものを使用する必要があった。和紙は、地元芸術家の中村寿生氏に頼み、ワークショップを開催。住民による参加でより思い出深い施設を作る意味でのワークショップだった。バウビオについては、一棟まるまる使用した実績としては、当事務所が関東地方では初めてとの事だった。財産を守る意味での耐火性、調湿消臭による快適性と自然素材を使った住民にも意味のある意匠、この建物は当事務所の最も薦めたい仕様です。耐震等級は3クラスです。